祝!熱中小学校初の書籍化!

~2月28日発売/絶賛発売中~

「地方創生 熱中小学校の果てしなき挑戦」 

           滝田誠一郎著 辰巳出版

山形県高畠町からはじまり、 全国へと爆発的に広がった熱中小学校プロジェクトの発足から現在 までを、そして裏側を余すところなくご紹介しております。

ご購入はこちらから

3月11日(日)  

対象者:熱中小学校在校生(継続されない方も含みます)、第6期お申込みの新入生

1時間目:13:30~14:40 (出版記念授業)

用務員:堀田一芙  

オフィス・コロボックル代表

1969年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。同年4月、日本IBM入社。1976年、米インディアナ大学大学院経営学部修士課程卒業。日本IBMにおいてPC販売事業部長、ソフトウエア事業部長、ゼネラルシステム事業部長など常務取締役として歴任した。2007年9月、富士ソフトに副社長として入社、副会長を経て現在、内田洋行顧問、サイバネットシステム取締役。サイバ―コム株式会社取締役等。2011年の震災を機にオフィス・コロボックルを東赤坂に開設し地方創生のプロジェクトを支援している。2015年以降山形県高畠町を皮切りに熱中小学校を立ち上げている。熱中小学校用務員。

2時間目:15:00~16:00 (在校生・新入生・事務局によるカンファレンス )

テーマ「熱中小学校 第6期 選択授業をどう学ぶか」 ※3つのコースに分かれて討論

​里山とワインコース :長谷川智之(熱中小学校事務局)  
ものづくりコース:鈴木啓之 (熱中小学校事務局)
起業コース:齋藤亘 
起業コースオブザーバー:熱中小学校 社会教諭 柴田孝 

​※特別授業は第5期、6期の出席率には関係いたしません。

​第6期スケジュール

※先生のご都合上、予定が変更になる場合がございます。

4月14日(土)  ※入学式

13:00~16:30 ​ 入学式の為、授業はありません。

17:00~19:30(予定)​ 懇親会

​第1回:4月28日(土) 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

情報:客員教諭 吉澤隆

株式会社マーケティングジャンクション代表取締役

十勝さらべつ熱中小学校事務局員 、熱中通販ブランド委員会委員

アパレルメーカーのマーケティング担当を経て、1985年マーケティングコンサルティング会社/(株)ジャパンライフデザインシステム入社。同社の谷口正和社長に師事。大手百貨店の年間マーケティング戦略の立案、携帯電話、婦人靴、婦人下着まで各種の商品コンセプト開発や業態開発の実務に携わる。97年6月インターネット黎明期にネットマーケティングの可能性を確信しマーケティングジャンクション設立。女性コミュニティサイトを基盤に日本で最初のネットリサーチ事業を展開。ユーザー参加型商品開発など、それまでにない新たな手法を開発。現在インターネットを活用した商品開発、コミュニケーション開発、各種の市場調査からコンテンツの企画・製作まで、新分野でのマーケティング活動を実施。

​2時間目:14:50~15:50 通常授業

体育:客員教諭 岡秀昭

娯茶平7代目連長

19歳で娯茶平に入連し阿波踊りに情熱を注ぐ。39歳で娯茶平7代目連長に就任し、ゆったりとした正調のお囃子に日本の古典芸能である能を思わせるすり足で魅せる娯茶平独特の踊り方「娯茶平調」を広める。皇居にて天皇陛下傘寿の祝いの席でも阿波踊りを披露し、2013年には徳島県表彰を授与される。近年では、日本だけに留まらず、海外でも阿波踊りを広めるべく精力的に活動している。

​第2回:5月12日(土) 

​1時間目:13:30~15:00 選択授業

​起業    :起業基礎編(柴田孝)

里山とワイン:ワインの基本と楽しみ方概論

ものづくり :グループ分け実施

​2時間目:15:20~16:20 通常授業

特任用務員:竹村譲

オフィス・コロボックル創設メンバーの一人。

超大型汎用コンピュータの営業職として日本IBMに入社。パソコン事業部に在籍中はDOS/Vの商品企画や、モバイルPC「ThinkPad」の商品企画、戦略を担当。早期退職後、富山大学芸術文化学部の教授、非常勤講師として10年間「ブランドデザイン」等の教鞭をとる。現在はICT企業の顧問職やプロダクト・プロデューサーとして各種商品開発を行う一方、商用WEBサイト上で「T教授の戦略的衝動買い」や「本日の一品」等の連載コラムを持つ。鞄やオリジナルのツバメノート等をプロデュースする「Thinking Power Project」の創設メンバーでもある。

​第3回:5月26日(土) 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

図画工作「発想図工」:客員教諭 小杉博俊
紙の仕事人

1942年やらまいか精神溢れる遠州生まれ。世に無いモノを創りたいとプロダクトデザインを学び、へりくつ発想で世界初のモノ(デジタル式体温計「けんおんくん®」、女性向け手帳「レノマ手帳」、CDを90円で郵送できる「CDメールパック®」など)を提案し続け、その多くをロングセラー商品に育ててきました。また伝統を重んじる出雲大社に御本殿大屋根の檜皮を紙に再利用する提案など、分野にとらわれないモノづくりをしてきました。最近は「紙のエレクトロニクス応用研究会」を立上げ、導電性銀ナノインクや目に目難いコード技術を活用して「紙のデジタル化」に夢中になっています。

​2時間目:14:50~15:50 通常授業

国語:客員教諭 須藤晃

株式会社カリントファクトリー代表取締役​、音楽プロデューサー。

1952年8月6日生まれ 富山県射水市出身。東京大学文学部英米文学科卒業。
1977年、CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。1996年に独立し、(株)カリントファクトリーを主宰。尾崎豊、村下孝蔵、浜田省吾、玉置浩二、石崎ひゅーい等をプロデュース。その他、2009年に尾崎豊の曲から生まれたオリジナル青春群像ミュージカル「MISSING BOYs~僕が僕であるために」を監修。2008年より富山市政策参与に就任。2009年からは、毎夏アートイベント「TOYAMA CITY POP WAVE」を企画制作。2011年には、氷見市を舞台にした映画「ほしのふるまち」をプロデュース。2012年には富山県ふるさとの歌「ふるさとの空」の補作詞およびプロデュースを担当。2015年より(公財)富山市民文化事業団 芸術監督に就任。

​第4回:6月9日(土) 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

社会:客員教諭 大澤真

​株式会社フィーモ代表取締役社長

日銀マンとして、金融政策の企画立案、内外金融市場調査、金融市場整備、IMFやBISなどにおける国際金融交渉等を担当。最後の赴任先である沖縄で地域活性化に目覚め退職し、国際的コンサルティング会社を経て独立。地域を支えるファミリービジネスの永続支援・事業再生、沖縄を中心とする地域経済活性化等に取り組んでいる。

​2時間目:14:50~16:20 選択授業

​起業    :起業基礎編(スペシャルゲスト山形大学理事・副学長 大場好弘)

里山とワイン:耕作放棄地再生と酒造り

ものづくり :作業継続

​第5回:6月23日(土) 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

社会:宮原博通       

有限会社地域環境デザイン研究所所長(元宮城大学教授)

芝浦工業大学建築学科卒業後、大手建設会社に入社し、数多くの地域活性化プロジェクトを手がける。都市や農村の活性化に向けた事業計画の立案から実施にいたるまでの事業のトータルデザインとプロデュースを得意分野とする。県立宮城大学において、事業構想学部教授として「プロジェクトデザイン」「開発計画」などについて教鞭をとる。現在は高畠町に軸足を置き各地で先人の知恵と大地の恵みを取り込んだ自然体のまちづくりに取り組んでいる。熱中小学校では、持続可能な社会の担い手の人材を育くむことに情熱を傾けたい。 

​2時間目:14:50~15:50 通常授業

体育:客員教諭 外薗明博

高畠町役場商工観光課地方創生プロデュ―サー

23歳の時、JICA青年海外協力隊としてアフリカ・ウガンダで2年間日本野球とスポーツ教育の価値を普及する活動を行い、‘日本の素晴らしさと日本人の可能性’を発見。帰国後は8年間、何かを失った青少年や保護者を対象に再生教育に尽力。底辺層を救うため、民間で経営者やトップ層を対象にリーダー教育、企業研修を担う。また、いのちの調律師として、人間が本来持つ感性を呼び覚ます体と心の状態をつくる講演を全国で実施。少子高齢化を生かす革命児。著:国境を越えたサムライ先生

​第6回:7月14日(土) 

 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

社会:客員教諭 高橋明子

杉並TV代表/総務省地域情報化アドバイザー
身近な暮らしや地域のことを住民自身が発信する、番組づくりを通じた地域づくりを実践する「住民ディレクター活動」を地元杉並、及び全国各地で推進中。92年に三和総合研究所入社(2007年退社独立)、大分県の地域ISPニューコアラ事務局への出向、シンクタンクでの地域情報化計画立案、地域情報化の研究推進団体CANフォーラム事務局長等、一貫してICTを活用した地域情報化の推進に取り組む。2005年杉並TV設立、2017年より亜細亜大学都市創造学部非常勤講師。平成27年「情報通信月間」関東総合通信局長表彰(個人)。

​2時間目:14:50~16:20 選択授業

​起業    :グループワーク実践編(柴田孝)

里山とワイン:ワインぶどう作り概論

ものづくり :作業継続、結果発表会実施

​第7回:7月28日(土) 

​~オープンスクール~

 

オープンスクールは

『どなたでも参加OK!参加無料!申し込み不要!』です。

たくさんのお越しをお待ちしております!

​12:30     送迎バス赤湯駅出発

​13:00~13:30 オリエンテーション

算数:田中敦        

山形大学大学院准教授

東北大学理学部数学科卒。同大学院工学研究科で博士号取得。現在山形大学大学院理工学研究科准教授。自然界のパターン形成等の複雑系を研究し、現在は主に複雑ネットワークの研究を行っており、様々な「つながり」をモデル化やビッグデータの分析によって研究している。特に人間関係とその中での情報のやりとりに興味を持っている。数学科に在籍中から,世の中にある面白い数学が一杯隠れていると感じてきた。この熱中小学校の算数では,その面白さと数のロマンを少しでも伝えられたらと思っている。 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

​2時間目:14:50~15:50 通常授業

道徳:若杉浩一           

株式会社内田洋行デザイナー

1984年九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒。同年株式会社内田洋行入社、デザイン、製品企画、知的生産性研究所、テクニカルデザインセンターで製品開発と研究開発を行い、現在、内田洋行のデザイン会社であるパワープレイスにて、ITとデザインのメンバーを集めリレーションデザインセンター設立し、新しい価値づくりと事業化を志す。2002年から、スチール家具メーカなのに何故か、日本全国スギダラケクラブを南雲勝志氏と設立、地域と企業と個人のあらたな関係づくりを行い、まちづくりから、製品開発までの支援を行う全国に1800名のボランティア会員がいる。 

​3時間目:15:50~16:50 

 生徒企画特別授業​、入学に関する質問会

​17:00、19:30 送迎バス熱中小出発

​第8回:8月4日(土) 

 

​1時間目:13:30~14:30 通常授業

佐藤廣志

NPO法人はじまりの学校理事、エヌ・デーソフトウェア株式会社代表取締役社長

​2時間目:14:50~16:20 選択授業

​起業    :グループワーク実践編(柴田孝)

里山とワイン:高畠の里山暮らしについて

ものづくり :結果発表会

8月19日(日) 第1期生卒業式 

 

9:30       受付開始

10:00~11:00 卒業記念講演

         大森京太様(株式会社三菱総合研究所 取締役会長)

11:00~12:00 卒業式

12:30~14:30 謝恩会

Thanks  for your coming!

NPO法人はじまりの学校:山形県東置賜郡高畠町時沢1256-1(旧時沢小)

0238-33-9392

サテライトオフィス入居企業

和の暮らし文化研究所.jpg
株式会社360度
有限会社サンダル
株式会社ファイン
グリーンパワーテクノ.jpg

シェアスペース入居企業

NDソフトウェア株式会社

株式会社山形銀行

© 2015 by 熱中小学校